真夏の暑い戦い|楽しくオシャレなecoLifeを考える、セイダイの高性能な注文住宅|石川県・金沢市

STAFF BLOG

スタッフブログ

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. 真夏の暑い戦い

真夏の暑い戦い

2021.07.26
#スタッフブログ

ついに始まりましたねオリンピック。個人的にはサッカーと柔道を応援している工務の北森です。

 

 タイトルにある真夏の暑い戦いは決してTOKYO2020の事ではなく毎年6月7月に一回ずつやってくるあれですよ。あれ。アメシロ消毒!!

 

アメシロとはアメリカシロヒトリという害虫だそうで樹木に悪いみたいで消毒が必要なのです(詳しくは知りません)どこの地域でも消毒はしてるみたいですが大体が業者に委託なんでしょうが北森の住む白山市の田舎の方だと町内会で行います。ただ高齢化が進んだせいで色々な町内行事の担い手が自分たちの様な若い(40超えても町内では一番若い)人がするしかないのです。

 

試合開始は午後1時、気温32度、湿度65%、ピッチコンディションはまずまず。40超えたオッサンたちが約3時間の長丁場に耐えれるのかだけが懸念事項です。

 

一応、無害とは言え消毒液がかかるのは嫌なので全身防備で向かいます。何も知らない8年前、半そで短パンサンダルで行ったらめちゃくちゃ怒られました。

 

チームは6人編成。とりあえず一番年下がスナイパーとなりガンを持って消毒液をぶっかけます。何なら自分より下の年代がいないので8年たっても北森はスナイパーです。写真はブログ用に写真を撮るのでスナイパー交代してもらった近所の人です。

一番年上はエアコンの効いた軽トラを走らせる特権がありますが北森がその特権を得ることはおそらくないでせう。

残りの4人は約50mあるホースを持ってスナイパーの後についていきます。

3班に分かれ最終的にゴールである神社に到着すれば金メダルなのです(3班しかないからとりあえずメダルはもらえる)いや勝ち負けではないのです。

 

まぁなんせ暑い。とにかく暑い。雑木林的なところにも果敢に飛び込み消毒液をこれでもかと言うほどぶっかけます。途中、冷たいお茶とガリガリ君が支給されます。急いで食べたら頭キーンてなるよって分かってても急いで食べます。

 

案の定キーンです。

 

約3時間の試合を終え、コロナ禍の前は公民館で焼肉してビールを浴びるほど飲んでが恒例でしたがこんなご時世なんでお弁当と缶ビールを貰って解散です。

家に帰ってとりあえずシャワーと言うか水を浴びまして、念のために体重計に乗ったら、あーらびっくり。1.2キロ落ちてました。

 

普段の仕事より過酷です。これが4年に一度どころか毎年来るのです。延期はないのです。

トラブルやゴシップや失言があろうとも通常開催なのです。

 

エアコンの効いた軽トラに乗れるまで長生きしようと心に誓った北森なのでした。

ショールーム「えころの森」が気になる方は、
ぜひ一度遊びにきてください!
Webからのご予約をオススメしています♪

お家づくりに役立つイベントを毎月開催してます!
気になるイベントがありましたらご予約お願いします♪

CATEGORIES

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ