No.24≪セイダイの新築≫室内の扉の選び方【金沢市・野々市市・白山市・内灘町の新築住宅】|楽しくオシャレなecoLifeを考える、セイダイの高性能な注文住宅|石川県・金沢市

COLUMN

家づくりコラム

  1. HOME
  2. 家づくりコラム
  3. No.24≪セイダイの新築≫室内の扉の選び方【金沢市・野々市市・白山市・内灘町の新築住宅】

No.24≪セイダイの新築≫室内の扉の選び方【金沢市・野々市市・白山市・内灘町の新築住宅】

2021.12.07
#家づくりコラム

こんにちは!

 

石川県金沢市・野々市市・白山市・内灘町を中心に家づくりをしている新築注文住宅会社のセイダイです。

 

石川県金沢市・野々市市・白山市・内灘町で新築注文住宅をお考えの方に、

セイダイから「室内の扉の選び方」についてお話しさせていただきます。

 

 

 

注文住宅は「引き戸」「開き戸」「折れ戸」など、各部屋の扉の種類を指定することができます。

よくあるのは「できるだけ引き戸で!」というご要望です。

一般的には引き戸の方が生活しやすいと思われがちですが、「引き戸」「開き戸」のメリット・デメリットを見てみましょう。

 

 

【引き戸】

「引き戸」とは、溝(レール)の上をスライドさせて開閉する戸のことです。

一枚の戸をスライドさせる「片引戸」や、二枚以上の戸をスライドさせて左右どちらからでも開閉できる「引違い戸」などがあります。

 

〈メリット〉

・扉の開閉に場所を取らない。

・開閉がしやすくバリアフリーに向いている。

・両手が塞がっていても開けやすい。

 

〈デメリット〉

・他の扉に比べると金額は高め。

・下にレールがあるタイプだと、レール部分にホコリが溜まったりお掃除の手間が増える。

・レールの引き込みスペースが必要。

 

 

 

【開き戸】

一般的なドア。ドアノブやレバーハンドルの操作で前後に開閉する扉を指します。

 

〈メリット〉

・他の扉に比べると金額は安価。

・密閉度・防音性が高い。

・デザインの幅が広がる。

 

〈デメリット〉

・ドアの可動域に物が置けずデッドスペースとなる。

・子供や車いすの方にとって、開閉の動作が負担になる。

・両手が塞がっていると開けにくい。

 

 

以上が引き戸・開き戸のメリットとデメリットでした。いかがでしたでしょうか?

必ずしも引き戸の方が生活がしやすい訳ではなく、大事なのは自分の生活スタイルに合った扉を選んでいくことです。

セイダイではお客様と一緒に最適なプランをとことん追求します。

気になった方はぜひセイダイにご来場ください。心よりお待ちしております。

 

≪石川県金沢市・野々市市・白山市・内灘町で高気密高断熱の新築注文住宅ならセイダイ≫

 

CATEGORIES

カテゴリー

ARCHIVE

アーカイブ